高校中退して、大学へ進学する方法とは?

14434502484_1486ef4942

高校中退を迷っていますか? 高校中退したいけれど、大学にも進学したいと思っていますか? 高校中退をしたけれど、やっぱり大学へ進学したいと思っていますか? 安易に中退することはお勧めしませんが、高校中退して大学へ進学したいと考えているなら、いくつか方法があります。

それは、
1.定時制高校へ通うこと
2.通信制高校へ通うこと
3.高卒認定試験を受け、取得すること
4.別の高校へ編入すること
などです。

高校中退したい理由は様々だとは思いますが、普通高校や定時制高校のペースは自分に合っていないと思うのなら、高卒認定試験や、通信制高校に通うのはどうでしょうか?

高卒認定試験は文部科学省が実施する試験で、高等学校卒業者と同等以上の学力があると認定される試験、つまり高卒認定がとれる試験です。

昔は大検とよばれていましたが、現在の高卒認定試験は昔の大検とは様変わりしています。

試験科目は8科目から10科目になりました。高校一年生の教科書レベルの問題がでます。

最大のメリットは、自分のペースで勉強ができ、自分に合った形で学び続けることができることです。最短6か月で取得可能です。しかし、自分のペースが基本ですから1年かけても2年かけてもいいのです。高校中退をして年数がたっていても、勉強をして高卒認定試験を受ければ、高卒認定がとれます。高卒認定試験は年二回ありますから、チャンスも年二回です。また、在学時に取得している単位があれば、受験科目の免除になります。一度で全科目合格しなくても、大丈夫です。一度合格した科目は免除されますので、不合格の単位のみ勉強してまた受ければよいことになります。受験計画が立てやすくなっています。

あのお仕事で忙しい関ジャニの横山さんや大蔵さんもこの高卒認定試験に合格しています。教育評論家の尾木ママからは1年はかかるといわれたにもかかわらず、猛勉強して2か月という短期間で取得したそうです。短期間取得のため家庭教師などつけてみっちりやったそうです。

またもう一つの方法としては、高校中退後、通信制高校に通えば卒業して大学へ進学できます。通信制高校のメリットは、全日制と比べれば入学金や、授業料が安いこと。また自分のペースに合わせて勉強ができること、単位制で留年がないことです。毎日学校へ行く必要がないので、人付き合いが苦手でも大丈夫です。とはいえ、友達が一人もいないのは寂しいかもしれません。

そんな時は、スクーリングがあります。一定期間のみ学校へ通い集中的に授業を受けます。通信制高校には異なる年齢の生徒がたくさんおります。それは、あなたの刺激にもなるでしょう。同じように勉強がしたい人が集まっており、大学進学を希望している目的意識の高い人たちもいます。お互いに切磋琢磨できますし、励ましあって勉強ができます。

高校中退というと、どうしてもマイナスなイメージがつきがちです。確かに平坦な道ではありません。でも、考えてみてください。嫌な学校へ無理やり通う必要あるでしょうか?身体を壊してまで、通う必要ありません。いじめられてまで通う必要ありません。ほかにも、高校中退したい理由はたくさんあるでしょう。そんな時、大学進学への道は普通高校を卒業することだけではないと考えてみてください。大学進学を視野にいれて高校中退の道を選ぶなら、是非、高卒認定試験を受けること、または通信制高校への編入などを考えてみてください。あなた自身がどうしたいのか、どう考えているのかが重要になってきます。自分自身の希望や、将来の夢を見つめてみてください。

現在はいろんな選択肢があるのです。人生、どの学校に通ったかは重要ではありません。視野を広く持って、目標を高くがんばってみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ