高校中退して、専門学校へ進学する方法とは?

3063488563_2735fe0962

高校中退をしていると職業選択で不利になってしまします。日本は学歴社会ですので、中卒ではなかなか採用してくれません。また、高校中退ですと仕事を続ける能力がないと見なされてしまいます。タレントや声優などの一部の特殊な職を除けば、アルバイトなどの非正規の職業にしかつけないことが現実です。そうなると、結婚したり子供を育てたりといった将来の人生設計に影響を及ぼしてしまいます。いざ、就職しようとしたときに後悔する人がほとんどでしょう。また、アルバイトの職を続けながらも、このままではいけないと自覚する人もいるはずです。

そういう人にとっては専門学校への進学も一つの道です。専門技術を身に付ければ職には困りませんし、最終学歴が高校中退と専門学校卒では大きな違いが出てきます。専門知識不要となっているIT関連のところへ就職しようとしたときも、高校中退ではまず採用してくれません。しかし、IT関連の専門学校を卒業していれば、会社によっては大卒と変わらない条件で採用してくれるところもありますので非常に有利になります。学歴が武器とならない人にとって、専門知識を身に着けられる学校は就職に関しては非常にプラスに働きます。

専門学校には様々なところがあります。高校中退でも進学できる専門学校はネイリスト、行政書士、ペット系の資格などがあります。ただし、学校によっては高卒でないといけないこともあるので、個別に確認する必要があります。また、これらの資格の専門学校は進学希望者が多く狭き門になっています。高校中退の人も高校を卒業した人も同じ試験を受けることになるからです。入学試験に合格するためには相応の学力も必要になってきますので、勉強は不可欠です。また、ネイリストなど人気の学校は受験資格を高校を卒業していなくても受けられるところと、卒業が必須の条件となっているところがあります。

入学してからの授業の質は高校卒業が必須のところのほうが高くなっていますし、一緒に入学する学生の質も違います。どちらかを選べるのなら後者のほうがよいでしょう。また、高卒になるとほとんどの専門学校へ進学することができます。看護師、理学療法士、公務員や保育士などがあります。これらの資格で就職に困ることはまずありません。

質の高い専門学校へ行きたい場合、またより高度なことを学べるところへ進学したい場合は高校卒業という資格は必須の条件となります。高校中退の人はどうすればいいでしょうか。はそういういった人におすすめなのが通信制高校を卒業したり、高卒認定試験を受けて合格することです。

そうすることで入学資格を得ることができます。ほとんど自宅にいながら勉強ができますし、試験の日に指定の場所へ行けばいいだけです。年齢制限もありませんので、何歳になってもやり直しができます。高校が自分に合わなくて辞めてしまった場合でも、鬱になって引きこもりになってしまっても、落ち着いたところで自宅に居ながらにして勉強を始めることができます。ただし、合格するためにはそれなりの根気が必要です。学校ならば周りの雰囲気に流されるように勉強することもありますが、自宅では自分一人ですので、モチベーションを長く保たなければいけません。

日本国内にいては、高校中退は非常に不利です。就職にも、そして将来出会った人に高校中退だと伝えたら奇異の目で見られることもあります。専門学校でしたらごく普通のことです。就職などに困って高校を辞めてしまったことに後悔している人は、通信制の高校や高卒認定試験を利用して上位の学校への進学を目指しましょう。そうすることで、将来の安定した生活を手に入れることができます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ