高校中退して、就職するには?

9564966594_45f9abae97

集団生活が合わない、いじめに遭った、学業が嫌になったなどを理由に高校生活からドロップアウトする方は珍しくありません。そして高校中退をした後には就職をする方もいます。早くから社会を経験する事ができますので、決して悪い事ばかりではありませんが、しかしながら高校中退をした事を後悔している方も多いのです。

どのような理由で高校中退を後悔するのかと言いますと、まず就職先が少ないです。高校中退したという事は最終学歴が中卒という事になりますが、中卒でも雇ってくれる企業というのは現実的に多くありません。全くない訳ではありませんが、しかしながら高卒後と比較してみると格段に選択肢は少ないのです。やりたくもない仕事しか選択肢が無い事もありますし、また、そのような仕事でも必ず採用される訳ではありませんので、仕事探しに相当な苦労をしてしまう可能性もあります。高校中退者というだけでかなりのハンデを負う事になりますので、そういった現実に打ちひしがれた事によって後悔をしている方も大勢いるのです。

給料の少なさも後悔をする理由の一つです。

無事に就職先が決まっても、恐らく給料は高くありません。もしかしたらアルバイトで働くよりも手取り額が少ない可能性もありますが、やはり収入が少ないというのは今後の生活をする上でもかなり大きなハンデになるのではないでしょうか。勤続年数が長くなる事によって昇給がされる事もありますが、しかし中卒の場合ですと昇給の割合も大きくありません。本当に微々たる昇給額という事もありますし、昇給をして給料がアップしたとしても、高校の新卒者の初任給よりも給料が安い可能性もあります。早くから就職をし、会社の為に頑張ってきたにも関わらず、新卒の高卒者よりも手取りが低いのは辛さを感じてしまうものです。

高校中退をする事によって、このようなハンデを負ってしまうのですが、しかしその状況から改善する方法もあります。その一つの方法として通信制高校を卒業する事です。

通信制高校は自宅に居ながらでも勉強を行う事ができるシステムですので、普通の高校生活は苦手という方でも気軽に入学する事ができます。そして通信制高校で試験に合格する事によって、高卒者と同等程度の学力を持っていると証明できる資格を取得する事ができるのです。通信制高校を卒業すれば履歴書にも記載する事ができますし、そして高卒認定試験に合格する事で、就職活動の際の応募条件が「高校卒業以上」となっている場合でも応募できるようになります。

因みに以前は通信制高校に対しても、そして高卒認定試験に対しても社会ではあまり認識されていませんでした。その為、通信制高校を卒業したり、高卒認定試験に合格したと言っても、就職の際にもハンデになってしまう事があったのです。しかし、現在では通信制高校などの存在も広く認められていますし、高卒認定試験の合格者に対しての風当たりも弱くなっています。つまり高校中退者の場合でも受け入れてもらい易くなっていますし、自信を持って就職活動を行う事ができるのです。また、高卒認定試験に合格する事で人生をやり直したいという前向きな姿勢もアピールする事ができますので、就職の際にもプラス評価になる可能性もあります。

高校中退をした場合ですと社会からの風当たりも強いものですので、人生に対して絶望を感じてしまう事もあるものですが、通信制高校を利用すればもう一度人生を取り戻す事ができるのです。その為、もし高校を辞めてしまった、そしてその後の人生に苦労している際には通信制高校を利用してみるのも良いかもしれませんし、実際に現在でも沢山の方が通信制高校で将来の為に学業に励んでいます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ