高校中退して、アパレルメーカーで働くには?

2717330262_9c626c177d

高校中退ということは、その時は辛いかもしれません。ですが、将来的にはいろいろな戦略を持ってキャリアプランを考えたり、カバーする方法があるものです。

このための方法はいくつもありますが、アパレルメーカーでもし働きたいのなら、必ず将来的に高卒の資格は必要になるかもしれません。

まず、高校中退して働けるアパレルメーカーは非常に限られるということを覚えておきましょう。もちろん、アルバイトであれば少しは簡単に入れるかもしれませんが、例えばショップ運営の仕事やファッションデザイナーという仕事、ブランド作成やロゴ作成などというようなブランドイメージや華やかなところはおおむねファッションについてやブランドについての知識や技術が必要になります。

こういった知識や技術がある人は、主に高卒ではないといけない大学や専門学校を卒業しており、そういったファッションや服飾についての専門的な学習をしています。また、こういった専門学校や大学にはアパレルメーカーからの求人も非常に多いため、そういったファッションについて関われるチャンスも非常に増えています。
このため、もしアパレルメーカーでデザインなどをしたいのなら、どのみち将来的に高卒の学歴が必要になってくる可能性は大きくなります。

この場合、もちろん店頭で商品販売を行うショップ店員から始めることも出来ます。毎日ファッションに触れ、アパレルメーカーでも一目置かれる話題の店員になり、そこからモデルやファッションについて関わる仕事に強く関われることもあるでしょう。また、そこから手腕を認められて出世する人も少なからずいます。

ただ、こういった人たちの中には高校中退では出世させることが出来ない、というアパレルメーカーからの支持により、高卒認定をとったり、通信制高校に通いながら高卒資格を取得することもあります。また、お店で働いている間に専門学校や大学に行きたいと思い、そのうち通信制高校に通い始める人もいます。

これは悪いことではありません。通信制高校は、週に1回程度、スクリーニングと呼ばれる登校をする必要があります。ただ、それ以外の時には家で学習し、お店で働きながら通信制高校を卒業し高卒資格を取得することが出来るのです。スクリーニングは週に1回、平日の昼間に行われます。

ちなみに高校中退の人の場合はそれまでに学習してきたという履歴を活かし、途中から編入できる場合もあります。この場合は高校中退した時の在籍確認は必要になるものの、取得単位を活かして高校中退後に通信制高校に入った後にその学年から学習を始められます。

こういった通信制高校にいる間、あなたは一応学生という事にもなります。ただ、そうなってからではアパレルメーカーの求人を見るとあまり中卒で雇ってくれることはないでしょう。高校中退の場合は高卒ではなく中卒なので、そこに気をつける必要があります。

ただ、学歴は熱意があればカバーできる場合もあります。また、アパレルメーカーによっては高校中退でもショップ店員ならば、というところも少なくありません。そこからお店で働き続け、社員になり、店舗運営に関わる道もあります。もちろん厳しい道ではありますが、絶対にない話ではありません。

このため、最初は働ける求人を探して応募しながら、通信制高校に通う道を探すといいでしょう。

もし自分で高校卒業程度の学習ができていると思うのなら、高卒認定試験を受けるのもひとつの方法です。これは高校卒業程度の学力があると認められる認定試験で、学歴を上乗せすることも出来ます。そういった学歴のある人達と同じ扱いをしてもらうことも期待できます。

ただ、この試験に合格しても18歳の3月で一般の人たちが卒業するまでは、あくまでも認定見込みとなり、中卒としての資格しかありません。求人に応募するときはその点に気をつけておきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ