高校中退して、ゲームクリエイターになるには?

3063488563_2735fe0962

世の中には数多くの職業が存在します、ゲームクリエイターもその一つです。

この職業は人を熱中させ楽しませるゲームを製作販売し、報酬を得る仕事です。この職業はアイデアやひらめき、他人を楽しませる工夫が重要なため感性やセンスさえあれば高校中退であろうが他人を納得させられる成果をあげる事ができます。

実際のところゲームクリエイターという職業の大半は一人でゲームを作り上げる訳ではなく、各自が得意とする分野を担当し一つの作品を作り上げるといった生産体制をとっています。

ゲームクリエイターへの近道としてはこのようなチームの募集に応募する事です。チームに参加してゲームを作りあげる事により作業の流れやノウハウを手に入れる事ができます。

ただしこの際にある程度他人を納得させる事ができるスキルを最初から持っていないとゲームクリエイターを名乗るどころか就職すらさせて貰えません。

次の近道としては専門学校に行き他人を納得させるだけのスキルを手に入れる方法があります。

専門学校というと高校を卒業してから入学するイメージがありますが学校によっては中学卒業の段階で入学できる場所も存在します。

専門学校の授業内容ですが自分が興味の無かった分野についても触れられるため、自分の好きな分野以外の仕事もある程度行えるようになる点が利点といえます。また学校によっては通信制高校などを併用する事により高卒の資格を取りながら専門知識を勉強できる学校もあるようです。

通信制高校は毎日登校しなくても高校卒業の資格が得られるため、勉強や仕事をしながら通う事ができます。人によっては高校中退の後に人生経験と学費を貯めるために就職を行い学費を貯めながら空いた時間に通信制高校に通い、学費が貯まりしだい情報関係の専門学校に入学するといったコースを選択する人もいます。

これは少し変則的な方法ですが、高校中退の後に文部科学省高等学校卒業程度認定試験を受験し合格する事により高卒の資格を手に入れる方法も存在します。

文部科学省高等学校卒業程度認定試験は16歳以上であれば受験資格を得る事ができ、高校在学中であっても受験が可能なため学力に自信があれば在学中にこの資格を手に入れてから高校中退を選択する事ができます。

この資格は大学受験や就職、海外の大学や日本の一部大学への飛び級編入にも使う事ができますので高校中退の場合、通信制高校に通うより学費も抑えられるため取得ができるようであれば取得をお勧めします。

一般的に高校中退してゲームクリエイターになる方法には先に述べた方法が主なものですが、この他にもゲームクリエイターに就職する方法が存在します。

それは自分、もしくは仲の良い友人などとゲームを自主制作しそれをインターネット販売や同人誌即売会で販売する事です。この方法であれば高校中退でも問題なく、高卒の資格が気になるのであれば自分の空いた時間に通信制高校に通う事により高卒の資格を得る事ができます。

実際に現在有名ゲームクリエイターと呼ばれる人達も同人誌即売会出身の人間が多くいます。ただしこの場合、作ることのできるゲームの内容には技術的な制限が大きく発生するためよほど素晴らしいアイデアや感性がないと成功する事は難しく、宣伝も口コミなどに頼ることが主な方法となります。

また自分のアイデアや感性が枯れた時が退職となるため安定を求める人にはお勧めできません。一般的に高校中退を行い自分の道を選ぶ事は険しい道と言わざるをえません、万が一自分の選んだ道が途中で閉ざされた場合に別業種への就職も難しくなる事を想定されますので通信制高校などを利用し高卒の資格は取得した方が良い場合が多いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ