高校中退して、シェフになるには?

1414769540_1478a53bf2

高校中退して今すぐシェフになりたいと考えている人は、どのようにしたらシェフになれるかを事前に知っておく必要があります。

シェフになるためにあると便利なのは調理師免許という資格です。シェフというと調理師免許を持っていないとなれないような印象もありますが、調理師免許を持っていなくてもシェフにはなれます。ですが調理師免許を持っていなければ調理師と名乗ることはできません。調理師免許を持っていないのに調理師だと名乗った場合には刑罰が課せられます。

このような資格のことを名称独占資格と呼んでいます。調理師は国家資格です。調理師免許の試験を受けるために必要なことは中学校を卒業しているなどの条件です。ですから高校中退をした人はそのまま調理師免許の試験を受けることができます。

高校中退をしてからシェフになるまでの具体的な道のりとしてはまずシェフを募集しているレストランなどを探す方法があります。このとき確認しておく必要があるのが、働くのに調理師免許が必要かどうかということです。調理師免許がなくても料理を作ることはできますが、顧客に対して信頼感を与えるために、調理師免許を持っていなければ雇わないというようなお店もあります。

ですからより幅広いお店の中から自分が働く店を選びたいと思っている人は、調理師免許は持っていた方が良いことになります。シェフという仕事は人に料理を作って喜んでもらう仕事ですが、どこかの店で雇われて働くような場合は、はじめのうちは料理を作らせてもらえないような場合も多いです。特に多くのシェフを雇っているようなお店の場合には雇われ始めたうちは雑用などの仕事を任されることも少なくありません。

そうした仕事を着実にこなしていくことで、次第に料理を作る仕事を任されるようになります。料理の技術はこうしたお店で働くことによって学ぶことができますが、それ以外にも方法がないわけではありません。

その一つが専門の料理学校で働く方法です。こうした学校に通うことのメリットは自分の好きなタイプの料理を専門的に学ぶことができることです。今は料理の専門学校もさまざまなものが存在しているので、一般的な料理を総合的に教えてくれるものから、西洋料理や日本料理、中華料理などを専門的に教えてくれるところまで自由に選ぶことができます。

ですが高校中退をしてこうした専門学校に入りたいという場合には注意が必要になります。こうした学校の入学資格として高校を卒業しているということが求められている学校が少なからずあるからです。

ですからシェフになる前に料理の専門学校に通うことを考えている高校中退は不利になることが多いです。ですが高校中退をしたからといって、必ずしも料理の専門学校に通えないというわけではありません。高校中退をしても高卒認定試験に合格すれば、高校を卒業したのと同じ資格が得られます。

高卒認定試験は高校卒業程度の学力があれば受かることができる試験です。ですが実際には高卒認定試験は非常に難しい試験として知られています。独学で勉強しても試験に受かるのは難しいことも多いですが、最近では高卒認定試験の受験を考えている人のための専門の学校などもあります。

そうした学校では高卒認定試験の対策のための、専門的な授業を受けることができるため試験を受ける人にとっては大きな手助けになっています。高卒認定試験以外に高校中退した人が高校卒業資格を得られる方法としては、通信制の高校に再度転入するという方法もあります。こうした学校では学校に毎日通わなくても良いので、働きながらでも高校卒業の資格を取ることができるのが大きなメリットになっています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ