高校中退して、ダンサーになるには?

高校中退

高校を中退して、ダンサーになるというのはとても夢のあることです。実際売れるようになれば体一つで世界中いつでもどこでも過ごせるのが非常に大きなポイントといえるでしょう。また、ダンススキルは非常に難しい物のため、毎日高校で生活しているような時間をダンス練習に当てられればスキルアップもできるでしょう。有名なダンサーさんのワークショップなども平日に行われることが多いものですので、平日にたっぷり自由になる時間があるのは、とてもいいことでしょう。

このため、ダンサーの中には高校中退をして働くという人もいます。こういった人たちの中には、すでにダンサーとしてある程度スキルがあったり仕事として成り立っているような人もいます。こういったある程度スキルがある人の場合は特にダンサーとしてのキャリアを重視するのに越したことはないでしょう。

では、こういった場合どういう道があるかというと、実は高校中退でもいろいろな方法があります。

ひとつは高卒認定試験です。高卒認定試験とは、高卒程度の学力はあるということを証明するためのもので、高卒としての学力を身につけ、同時に高卒認定試験により高卒程度の知識・技術力はあるということを認めてもらうものです。

このため、仮にダンサーとしての仕事や毎日のレッスンなどで忙しい人でも、高卒認定試験を取得して18歳になれば高卒程度の学力があると認定されます。

ここから先は様々なルートがあります。

ひとつは学歴をさらに高める方法です。ダンサーならばダンスの専門学校や大学などで学習しながら卒業し、専門卒や大卒という資格を取得するのがひとつの方法でしょう。

ただ、ダンサーの場合はひとつのキャリアだと断定されることはそうありません。中には学習を深める際に学歴など全く問われないことも少なくないため、そこまで高校中退にはこだわらない場合も少なくないでしょう。ただ、やはり将来的に大学や専門学校の学歴が必要となる場合も出てくるでしょうから、そのときには高卒認定試験に合格しているというのは非常に大きなポイントになるのです。

もうひとつは通信制の高校に通うという方法です。

通信制の高校とは、その名の通り高校とほぼ同じカリキュラムの学習を行いながらその高校を卒業するという方法です。

もしダンサーとしてだいたい同じ地方に住むのならばこれは悪い方法ではないでしょう。時に通学などが必要になるので、その学校にある程度通える必要はあります。ただ、それ以外の時間は仕事やレッスン、ワークショップ等に全ての時間を充てることができるので、非常に大きな時間の融通がききます。

もちろん、高校中退後にどこかに入り直すことも出来ます。気になる通信制の高校があるのならば、そこに問い合わせてみてもいいでしょう。中には高校中退からその通信制高校に編入して、卒業することも可能になっています。この場合は高校中退した学年から行き直す場合もあれば、高校中退してから学力を見て編入する学年を決める場合もありますし、高校中退してからならばまた第一学年から始める場合もあります。

また、最近は面白いカリキュラムのある通信制高校として、ダンスについてのカリキュラムがあったり、さまざまな学習と通信制高校というシステムを併用しているところもあります。このため、学習の際にさらに自分のダンス技術を深めることも可能です。

システムとしては、定期的にスクリーニングといって学校に行く必要があります。これはだいたい一日潰れることもあります。週に1回ということが多いようで、面接や授業の補講などもあります。

ちなみに、通信制高校にある程度在籍して、必要な単位をとったら高卒認定試験を受けて高卒とほぼ同じくらいの学歴を取得し、時間に非常に融通がある状態でダンサーとしての仕事やスキルアップに参加していく場合もあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ