高校中退して、声優になるには?

14434502484_1486ef4942

アニメブームの影響で数多くの声優が登場しました。中には頻繁にテレビに出たり、歌を歌う声優もいます。そんなアイドルような活動ができる声優にあこがれを持つひとも年々増加しています。では声優とはそもそもどういう仕事なのか。それは言うまでもなく役者です。演技をすると言う意味で役者と同じであると考えて良いでしょう。しかし、単に目指すと行ってもどうすればなれるのかが分からないという人もいます。最近では声優養成学校なども数が増え、そこからデビューを勝ち取る人も多くなっています。さらに以前は女性が演じていた子供の役を、本当の子役声優が演じていることもあります。

それほど人気の職業と言うことです。高校生になり進路を考え出す頃には本気で声優になりたいと感じるひともいるでしょう。高校中退して養成所に通い、腕を磨いて夢を叶えたい。そう思うこともあると思います。役者に年齢制限はありませんし、逆に年齢が若すぎてデビューできないということもありません。本気で必要とされれば学歴も一切関係ありません。

高校中退を決断してプロを目指すこと自体も不思議ではないということです。年齢によるチャンスもありますの高校時代出なければ遅かったという可能性も出てきます。そういう後悔をしたくない強い気持ちがあるならば高校中退は仕方がないと言えます。

しかし、高校中退者がそれ以上の大学や大学院に行けないのかと言われればそうではありません。通信制の学校も数多くあります。通信制高校だけではなく通信制の大学や大学院でさえあります。さらに高校では高卒認定試験というものがあり、実際に卒業しなくてもこの高卒認定試験に合格することで大学受験をしたり、通信制の大学に行くことができます。そう考えれば高校中退というものをそこまで悲観的にみる必要も無いでしょう。

また、通学生の高校に3年、通学生の大学に4年通い普通に就職した経験しか無いひとにとっては、高校中退から高卒認定試験に合格し、さらに通信制の大学を卒業するなんて出きるはずがないと思う人も居ると思います。それは実際に経験していないため仕方がないことですが、実際に仕事をしながら高卒認定試験を合格したひとも居ます。さらに誰もが知っている超有名大学に入学したひとも居ます。

もちろん高校中退者です。高卒認定試験は学問のやり直しを誰にでも提供するものです。声優を目指し、成功しても失敗しても高卒認定試験合格から通信制を利用して大学院卒業までも夢ではありません。それがかなえば、高校中退者から大学院卒業という学歴に変わるのです。

またこの高卒認定試験には多くのメリットがあります。通信制大学はともかく通信制高校や夜間高校はやはりある程度年齢層が若いのです。しかも一般教養を多く含み、中学で学ぶ内容の延長も多いためすぐに勉強について行くことが難しいとも言えます。そう言った通学型の高校は難しいが大学では授業を受けたいという人にとって高卒認定試験は非常にありがたい存在といえます。

役者は自己の経験を役に反映させることで様々な役を演じます。役の気持ちを理解するには多くの経験と知識が必要になります。

ここで言う知識とは学力も当然はいります。高校や大学で経験した知識、経験もそうですし、逆に高校中退による経験も誰もが体験するわけではない貴重な体験です。

重要なことはなにが自分の将来の糧になるかをしっかりと考えることです。高卒認定試験あまり知るひとがいない人生を大きく帰ることができる仕組みです。細かく調べてどのように活用するのか、どういった時に自分は利用する可能性があるのかということをまず調べてください。経験は必ず役に立ちます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ