高校中退して、漫画家になるには?

5116084882_0725ec102a

高校は義務教育ではないので途中でやめてしまう事は可能です。それを中退と呼びます。ちなみに、この状態の場合は高校を卒業していないので、資格から行くと中学卒業という事になります。では、高校中退してから漫画家になる方法とはどういったものでしょうか。

まずは基本ができている事が最低限必要です。絵はしっかり描けていますか、ただ上手なだけでなく、魅せる絵となっているでしょうか。実際に漫画家を生業とするのであれば、ただ上手なだけでは食べて行く事はなかなかできません。まずはしっかりと自分の世界観を表現できる能力を培っておく事が重要です。

作品ができたら、雑誌などに応募したり、直接出版社に持ち込む方法があります。そこでしっかりと漫画の内容を見てもらいましょう。すぐに雑誌に掲載される場合もありますが、そうではない場合も有るので、そこで受けた指摘については良く聞いておく事が重要です。次の作品へのヒントとなる事も多々あるからです。

漫画家の仕事は漫画を描くだけではありません。それ以外にもイラストを描いたり、キャラクターのデザインをする事も有ります。基本的には原稿作成の依頼を受けたら、締め切りまでに作品を完成させる、このスタイルとなっている事を良く理解しておきましょう。こうして漫画家として仕事ができる様になっていくと、次第に自分の名前が表に出る機会が増えて行きます。そして雑誌などで連載する事ができれば、単行本を出版してもらえる可能性も出て来ます。

ただ、やはり漫画を描く上でもある程度の知識や技術は必要です。特に物語を考える上では今までの経験だけでは足りず、様々な事を体験しておかなければいけません。さらに漫画家だけで食べて行く事ができない場合は、別の仕事を掛け持ちする事にもなります。その場合に必要となるのが、その人の持っている資格や技術などです。ただまだまだ社会は不況から脱出できていないので、中学卒業の資格しかないとなかなか採用してもらえる先も限られてくる事も珍しくありません。だからできれば高校卒業の資格だけは取得しておくことが重要です。

とは言っても、漫画家になる為に高校中退した人にとって、また高校に行き直すとなると高校中退した意味がないと感じてしまう事も有るでしょう。そういう場合は通信制高校や高卒認定試験にチャレンジしてみるのも一つの方法です。通信制高校や高卒認定試験は、高校中退はしてしまったけれどやはり高校卒業の資格が欲しいと感じている人にとても人気が有ります。

通信制高校の場合は毎日学校に行く必要はなく、時々行くだけでも大丈夫です。レポート作成をしっかりと行えば、後は漫画の勉強をしてても何ら問題はありません。高卒認定試験はレポートなどを提出する必要もなく、試験に合格すれば高校卒業の資格を貰う事ができます。この方法の場合、自分の空いている時間に勉強すれば良いという事になるので、漫画家になる勉強もしやすくなるというのが大きなメリットです。

高校中退をキャンセルして今まで通っていた学校に戻る事はさすがに出来ません。しかし高校中退してしまった後でも通信制高校などを選べば高卒の資格を手に入れる事は出来ます。漫画家の勉強をしながらでも通信制高校に通う事は十分出来ます。勿論高校中退してから時間がある程度経過していてブランクがあったとしても大丈夫です。漫画家として様々な作品を書きたいと思ったら、通信制高校に通ったり高卒認定試験にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

そして大学に通う様になると、高校中退した時とはまた違った世界を目にする事ができるので、漫画家としての作品作りにも大いにプラスになるはずです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ