高校中退して、看護師になるには?

8276117055_2d9d6d9f99

何らかの理由で高校中退をしてしまった人は多くいます。一昔前までは中卒は当たり前の時代でしたが、今では高卒、四大卒は当たり前の時代となりました。求人の情報誌の中には四大卒が条件となっている場合もあります。

しかし、四大卒でも就職難となっている昨今、人気が高くなっているのが資格の取得であり、その中の一つに看護師があります。

高校中退して看護師になる手段はあります。それは准看護師です。しかし、准看護師を取得するための勉強時間数は現在の医療に対して短いとの意見もあり、准看護師制度の廃止の方向に向かっています。そのため取得してもメリットは少なくなっており、正看護師の資格が必要不可欠な時代になっていきます。

高校中退では資格を得る事はできません。専門学校や四大で学ぶ事によって看護師受験資格を得る事が可能になりますが、学校に入学する条件として高校を卒業しておかなければなりません。資格だけでよいのであれば、四大でなくとも専門学校を卒業するだけで十分です。

看護の専門学校の費用は決して安くはありません。安くても100万単位であり、私立ともなれば300万円程度かかる場合もあります。それに加えて生活費も考えると莫大な費用となってしまいます。奨学金制度を使う事も可能ですが、一定の消費はあります。

そこでお勧めなのが高校中退のための通信制高校です。高校中退しても通信高校で必要な単位を取得する事ができれば高卒認定試験を受ける事ができ、合格すれば高卒と同等以上とみなされ、専門学校への受験資格を得る事ができます。通信制高校のメリットは自分のペースで学習する事が出来る事です。さらに働きながら勉強できるため仕事と両立する事が可能な魅力的なシステムになっています。つまり学費を貯める事も可能となります。

看護師に必要な技術の一つとしてコミュニケーションがありますが、通信制高校でもスクーリングがあるため、他者と関わる機会もあります。専門学校の入学試験内容は一般科目であるため、特別な勉強も必要ありません。
通信制高校で学んだ事をしっかりと試験に生かす事が出来れば合格できます。看護師の仕事は人に対して身体的、精神的、社会的、霊的にサポートを行い、自律へと導く事です。知識や技術は専門学校に入学してから基礎から学ぶため心配する必要はありません。点滴や採血の技術も学べます。卒業後に資格取得をすると働く場所は病院だけでなく地域でも働く事が可能です。

忙しいというイメージをもたれがちですが、実際には働く環境によって異なるため、自分にあった職場を探す事ができます。夜勤がないクリニックや訪問看護などの仕事もあります。働く場所は多数存在するため取得しておいて損はない資格となっています。給与面も良いため有給休暇を使って海外旅行を楽しんだり、趣味を楽しんだりする事もでき、楽しいライフスタイルを確立する事ができます。ですが、高校中退ではこれらの楽しいライフスタイルを実現する事は不可能であり、まずは高校卒業と同等である事を証明されていなければなりません。通信制高校では、一人で勉強しているようでも教師陣のサポートを受ける事が可能となっています。さらに高卒認定試験は年に2回行われており、何度でもチャレンジする事ができます。高校中退だからといって諦める必要はありません。

自分が前に進みたいと思うのであれば、進めるための手段はいくらでもあります。高校中退したのであれば、看護師になるための最初の目標は高卒認定試験資格までたどり着く事です。高卒認定試験の科目数は多く、合格しにくいという場合もあるようで簡単な道ではありませんが、努力をすれば必ず目標は達成し、新たな目標へと進む事ができます。常に前をむいて進んでいく事が大切です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ