高校中退して、編集者になるには?

10932717163_2f99b65a02

編集者とは、書籍を作るまでの一連の作業を行う人のことで、作家と一緒になって一冊の本や書籍を作り上げたり、たくさん掲載することから少しでもたくさんの情報をより分けたりすることもあります。中にはチームで行うこともあれば自分一人で一冊の本をつくり上げることもあり、また複数の作家の間での連携を取ることもあり、様々なやり方があります。

このため、高校を中退して少しでも早く編集者に近づきたい、と思う人もいるかもしれませんが、実は編集者になるためには学歴は非常に大事なものになるのです。

というのも、編集者という仕事の場合は何らかの資格は必要なく、むしろ求人に対してならば学歴がある方がさらに有利となっています。

というのも、基本的にこの仕事の場合は大学を出ているということが最低条件となっている所も多いため、できるだけいい大学を出ておけば有利になるとも言われているのです。
このため、いくつかのルートを考える必要があります。

まず、有名な出版社などで働くのならば、学歴は必須です。もし高校中退という学歴ならば、落とされることのほうが多いでしょう。

この場合はどうすればいいのかというと、まずは高卒認定を取得し、高卒程度の学力があると証明しましょう。次に大学受験をし、なるだけ偏差値の高い良い大学に行くことが求められます。高校中退程度の学歴ではまず落ちることは間違いありません。

次に、バイトで働くというのもひとつの方法です。地方のミニコミ誌や中小編集プロダクションならばアルバイトは求められていますから、そのようなところでバイトをして経験を積むというのも方法です。とはいえ、このような求人が出ることはめったにありませんし、何よりこのようなところに高校中退の人が採用されるとは限りません。中には高卒程度の学歴を条件としているところがあるため、やはり高卒程度の学歴は必要となります。

このため、今できることとしては、高校卒業資格を取得しておき、良い大学に進学して就職の際に出版系のところに進むというのがひとつの方法です。また、高卒程度資格を取得してから中退後にどこかの編集プロダクションなどで働くのはひとつの方法ですが、どちらも人気のあるルートなので非常に厳しいと考えておくといいでしょう。

でも、毎年夢を叶えて編集者になる人は出てきています。学歴は必要ですが、学歴は中退しても身につけることができるので、挽回は可能です。おこなってみるといいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ