高校中退する際、どう親を説得する?

12791295245_423be02c61

現在高等学校に通っている方で、学校を中退しようと考えている方、その選択が正しいかはともかくとして、親を説得することは容易ではありません。

高校中退という学歴は社会的に見れば薄いものです。大学進学が当然といわれる現代で高校も卒業していないとなればもちろん就職も不利になりますし、世間の風当たりも厳しいものとなります。しかし、高校卒業という学歴を必要としない人も確かに存在します。

一番わかりやすいのが芸能人やアーティスト、そして会社経営者です。これらは高校中退であっても実力で生きていくことが可能な職業です。スポーツ選手も同様ですが、スポーツ選手の場合は知り合いやつてを作るために高校は通う方が良い場合もあります。

そういった道を目指す人にとって高校に3年間通うことは無意味だと感じるかもしれません。確かに高卒認定試験や通信制高校に通い、大学卒業にいたる人も数多く存在します。

親に納得してもらうためにも高校中退しても同等かそれ以上の何らかの代替案を説明する必要があります。親は基本的に子供には平和で幸せな人生を歩んでもらいたいものです。ましてや、高卒認定試験や通信制高校に関する親の知識が十分であるとは言えません。説明するにはそれだけ知識を蓄える必要があります。

まず、高校中退する当たり、最終的には大学に行くのかという疑問点を解決する必要があります。通信制高校は法的に高校卒業と同等と認められます。しかし高卒認定試験は大学を受験するための一つの方法に過ぎず、高校卒業とは認められません。こういった最低限の知識と説得材料を持って話さなければ納得もしてもらえないでしょう。

そして、高校中退の後に何をするかです。先ほどのように大学受験を前提としている場合は高卒認定試験や通信制高校という高校卒業と同等価値を提示できますが、そのほかの夢に向かい、学問の道から離れる場合はそうもいきません。説得の材料が必要になります。

ミュージシャンや、芸能人を目指す場合も高校に通いながら活動できなくは無いですし、どうしてもできない高校であれば芸能科や音楽科のある学校へ編入するという手段が存在します。何より、夢を語って高校中退というのは親からしても現実的ではありません。

しかし、一つの考え方をすれば、どのような理由も説得することができる一つの方法へと結びつけることができます。それは期限を設けるという方法です。

通信制高校は年齢制限がありません高卒認定試験にも当然ありません。高校生の今の時期にしかできない、どうしても今やりたいと言う気持ちを伝え、1年や2年間チャレンジさせてほしいと強く伝え、出来れば実際に資料請求などをした上で、その後夢が叶わなければ通信制高校や高卒認定試験を考えていると伝えます。

これにより自分の子供はしっかりと将来を見据えているという認識を与えられます。高校中退というレッテルのまま人生を過ごすつもりはないことを伝えてください。現実問題として高校中退者にとって世間は厳しく当たる傾向にもあります。生きていく方法は人により様々ですが、高校卒業という武器は準備しておいても良いでしょう。

ここで記載している説得方法はあくまでも本心として説明することを前提としています。何となく高校を辞めたいからそのいいわけとして代替案を提示し、説得しろと言うものではありません。

何よりも大切なことは自らの人生です。高校卒業という武器を手にして社会に挑むのか、それとも武器を持たず、別の才能を使って生きていくのかという点には大きく違います。

学歴を手にすることは努力を伴います。通学制の高校は最も簡単な方法だといえなくもないです。ですが、まずは高校から離脱するリスクと自分の夢をまずしっかりと本気で見つめる必要があります。

親を説得する際の具体的な材料として、通信制高校のパンフレットはかなり有効なはずです。ぜひ↓のサイトから、資料を取り寄せることを強くおすすめします。もちろん資料請求は無料ですよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ