高校中退する方法

3063488563_2735fe0962

高校に入学する際、恐らく殆どの方は中退を前提に入学はしていないのではないでしょうか。そして親からすれば子供が高校中退をする事もなく、無事に卒業をして欲しいという想いだけを持っている事でしょう。しかし高校生活に馴染めないなどの理由で高校中退を検討する方も少なくないようですが、ただどのような方法で辞めれば良いのかよく分からない事もあるものです。

高校中退をする方法はさほど難しいものではありませんが、まずは学校側に高校中退をしたいという旨を伝える必要があります。例えば不登校だったり、出席日数が足りないなどの場合でも、勝手に高校中退させられる訳でもありませんので、まずは意思表示をしなければいけません。

高校中退をする旨を伝えた後は退学届を学校側に提出し、これで高校中退をする事ができます。しかし時には担任から引き止められる事もあれば、生徒と保護者、担任の三者面談の場が設けられる事もあります。学校によって一連の流れに若干違いがあるかもしれませんが、基本的には高校中退の旨を伝えて退学届を提出して完了です。

学校を辞める方法はさほど難しくありませんので、手続き自体は簡単に行う事ができるのではないでしょうか。しかしながら一番の問題は高校中退の手続きの方法ではなく、その後の人生をどのようにして歩んでいくのかという事です。高校を辞めた後は様々な部分で苦労する可能性がありますし、中退した事を後悔しているような若者も実際に沢山いるのです。

仮に高校中退をした時、もしかしたら後悔してしまう可能性もありますが、そのような時に挽回する方法もあります。

その方法とは通信制高校を利用する事なのですが、通信制高校は高卒認定試験に合格する為の学校の事です。

まず通信制高校についてですが、多くの場合は通常の高校と違ってスクーリングせずとも良い事が殆どです。基本は在宅での学習になり、週に一回のレポート提出などで勉強を行っていきます。その為、学校生活には不安がある方でも安心ができるのではないでしょうか。もちろん毎日スクーリングができる学校もありますので、学校に通って友達を作りたい、直接授業を受けたいという方でも安心です。無事に通信制高校を卒業すれば履歴書にも記入する事ができますので、高校中退が最終学歴になっているのは辛いと感じている時にも有効と言えます。

前述したように通信制高校は高卒認定試験をクリアする為の学校なのですが、そもそも高卒認定試験がどのようなものなのかについても確認しておきましょう。

高卒認定試験というのは正式には高等学校卒業程度認定試験と呼ばれているのですが、この試験をクリアする事によって高校を卒業した者と同等程度の学力があるとして認められます。

試験に合格する事で色々なメリットがありますが、例えば高校を卒業した者と同じように、沢山の企業の採用試験を受けられるようになります。企業によっては応募要項に「高校卒業」を条件にしている事がありますが、その点も問題なくパスする事ができます。中卒の場合ですと応募できる企業もかなり少なくなりますので仕事探しにも苦労するものですが、試験をクリアする事で選択肢を沢山持てるようになるのです。

専門学校や大学などの受験資格を持てるというメリットもあります。中卒の場合ですと専門学校などの入学資格がありませんので、高校中退した後の選択肢が狭まってしまいます。高卒認定試験に合格する事で専門学校なども入れるようになりますので、今後の人生を大きく転換させる事ができるのです。

高校を辞める際にはその後の人生について深く考えていない事もあるものですので、それによって辞めた事を後悔するものですが、そのような時でも通信制高校を利用すれば人生をやり直す事ができます。中退してしまった方にとって救いになる存在と言えますので、中退を後悔している際には検討してみる事をお勧めします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ